2010年7月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:08 Jul 07 2010

中国の自動車需要が10年後2337万台に

 中国の100世帯あたりの自動車保有台数は現在の13台から10年後には27台に増加するという予測が出された。

 中国国務院発展研究センター、中国自動車工程学会とフォールクスワーゲングループは北京で5日、共同で『中国自動車産業発展報告(2010)』を発表した。同報告では、2020年に中国の自動車需要は2337万台に達し、100世帯あたりの自動車保有台数は27台になると予測されている。

 国務院発展研究センター元副主任の魯志強氏は発表会で、「中国の自動車産業は2009年に関連政策・措置による支援を受け、生産・販売台数は米国を抜き世界一に踊り出た。当面、経済情勢は好転しているが、複雑性と不確実性が高まっている。今後は各方面の相互理解と密接な協力が必要になる」との見解を示した。

 『中国自動車産業発展報告(2010)』は総合レポート、発展概要、中国自動車産業の国際競争力分析、自動車産業と市場の予測、発展見通しの6つの部分からなる。

 報告では、国務院発展研究センターが提供した全国のGDPと1人当たりGDPの今後の発展動向に関する予測データ、国家情報センターが提供した全国30余りの大、中、小都市の各レベルの消費者を対象に行った3000件以上の調査サンプル、国家統計局が提供した歴史データに基づき、2020年、2025年と2030年の中国自動車市場の需要について予測が行われた。

 予測によると、2020年の中国自動車市場の総需要は2337万台で、2025年は2924万台、2030年は3523万台となる。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年7月7日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古