2010年7月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:35 Jul 08 2010

輸入車、45日で9回のリコール

 輸入車がまたリコールされた。5月末以降45日間で、合弁ブランドを含めその数は6万台近くにのぼる。トップクラスの「ランボルギーニ」からおなじみの「シビック」までほぼすべての車種ガリコールに関係した。国家質量監督検験検疫総局(国家質検総局)は7日、スバル自動車(中国)有限公司はステアリングロールコネクタに不具合があるとして、12日から10年型「レガシー」と「アウトバック」(09年5月14日から2010年3月22日に生産)の一部をリコールしたと報告。中国大陸部では9457台が対象となる。この不具合により、エアバックの警告灯が点滅、クラクションが鳴らない、ステアリングのステレオキーが効かないなどの現象が起きる。北京晨報が伝えた。

 輸入車や合弁車、特に輸入車のリコールはこのところ相次いでいる。6月はメディアが「車のリコール月間」と呼ぶほどだ。5月31日、長安フォードマツダは24万台の09年型「フォーカス」24万台のリコールを発表。続く6月には集中リコールが幕を開け、6月1日以降立て続けに10回のリコールが発令され、9社の12車種、5万6千台が対象となった。
 
 5月下旬から数えると、うち9回のリコールは輸入車で、VW「ランボルギーニ・ニムルシエラゴ」、日産「インフィニティG35」、GM「キャデラック・エスカレード」、スバル「レガシー」と「アウトバック」、ルノー 「ラグナIII」、トヨタ「レクサス」はいずれも世界的なリコールを行った。

 今や自動車市場は、「リコール」の話題でもちきりだ。5月のリコール回数は6月ほどではないものの、それでも09年型「フォーカス」が一気に24万台近くリコールされた。

 立て続けにリコールがあった6月明け、国家質検総局は「自動車製品リコール監督管理条例」(意見募集稿)をすでにある規定の「アップグレード版」として発表した。新規定では、メーカーが不具合を隠した場合のペナルティが強化されただけでなく、輸入車をリコール範囲に加え、国産車と同等扱いする、旧規定にはなかった規定を盛り込んだ。この新条例は、このところ頻繁に起きている自動車のリコールを見るに見かねてのことだとみられている。(編集KA)

 ■中国での輸入車リコールリスト

 5月24日VW、「ランボルギーニ・ニムルシエラゴ」を30台リコール。

 6月3日 法ルノー、「ラグナIII」を124台リコール。

 6月7日 スバル、「レガシー」と「アウトバック」を2000台以上リコール。

 6月9日 上海GM、「キャデラック・エスカレード」と「CTS」を4199台リコール。

 6月11日 日産、「インフィニティG35」を91台リコール。

 6月30日 ホンダ、「シビック」と「ストリーム」を165台リコール。

 7月2日ダイムラー、「アクソール」を7台リコール。

 7月5日 トヨタ、「レクサスLS」を5791台リコール。

 7月7日 スバル、「レガシー」と「アウトバック」を9457台リコール。

 「人民網日本語版」2010年7月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古