2010年7月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:13 Jul 08 2010

外貨管理局 金投資は外貨準備投資の主要ルートにはならない

 国家外貨管理局の責任者は7日、「金は世界的に広く認められているほか、価値が比較的安定しており、緊急支払いなどに使用できるというメリットがあるが、金投資には一定の制限があり、中国の外貨準備投資の主要ルートにはならないだろう」と述べた。同責任者のコメントは、以下の通り。

 まず、金市場には限度がある。世界の金産出量はわずか2400トンで、需要と供給は基本的にバランスが取れている。もし中国が大規模に金を購入すれば、国際的な金の価格が上がり、中国の金の価格も世界と合わせて上昇するだろう。すると、中国で人々がゴールドのアクセサリーなどを購入する時、価格が上昇することになり、最終的には国内消費者の利益を損なうことになってしまう。

 次に、金の価格は変化の波が大きい。国際的な金価格はレート、地理・政治、需要と供給の関係、投機などの影響を受けやすく、頻繁に大幅な変動が起こっている。しかも、黄金は利息収益がない上に、貯蔵、運輸、保険などのコストがかかる。過去30年間で見ると、金の収益率はそれほど良いとはいえない。また、金はインフレに強い特徴があるが、同様の特徴を持つ資産は他にもたくさんある。

 最後に、金を貯蓄しても外貨準備分散の効果はあまり顕著ではない。過去数年にわたり、中国は400トン余りの金を新たに貯蓄した。現在中国の金貯蓄はすでに1054トンに上っている。たとえこの量が2倍になったとしても、3-400億ドル分の外貨準備を分散するだけであり、金が外貨準備に占める比率が1ポイントから2ポイントほど増えるだけだ。

 以上のことから総合的に見て、金の貯蓄増加・減少については、我々はニーズと市場の状況に基づき、慎重に考慮していく。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年7月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古