2010年7月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:16 Jul 19 2010

2LDKが40万元 中国人富裕層に日本不動産熱

 リッチな中国人購買層をターゲットとした「中国村」が韓国・済州島に建設された。日本の北海道も大ヒットした中国映画「非誠勿擾」の影響により、多くの中国人富裕層の次の不動産購入先となっている。中国経済網が伝えた。

 ある海外メディアが伝えたところによると、ここ1-2年の間に中国人富裕層が日本で「不動産購入ブーム」を巻き起こしており、大陸部の富裕層の多くが日本で不動産投資を行っている。

 たとえば東京都豊島区にある不動産会社は主に中国人顧客を対象とした業務を取り扱っている。

 同社の責任者によると、最近、上海から来た富裕層で東京都内のマンションに興味を示し、1億円前後の物件への投資を検討する人が多いという。

 富裕層のほとんどは中国国内ですでに不動産をいくつか所有しており、リスクを分散するために、日本での不動産投資を希望するのだという。

 大手家具・インテリアショップのニトリは中国人富裕層向けに別荘事業を展開している。別荘は庭付き一棟3千万円で、ニトリの国際ブランドの家具が置かれ、室内のインテリアも整えられている。今年4月に売り出された17棟は完売した。

 同社の別荘部門の責任者によると、これまでに約100人から引き合いがあり、現在、第二期建設計画を検討中だ。ある報道によると、日本にある1億円以上の別荘のほとんどは外国人の所有で、中でも中国人が多いという。日本は中国からの距離が近く、最近は不動産価格がやや低下していることから、多くの購入者が今こそ日本の不動産の買い時だと判断したものとみられる。(編集KS)

 ▽海外の不動産販売価格の一例
 オーストラリア・メルボルンの前庭・後庭、駐車スペースつき450平方メートル一戸建て:約200万元
 米国・ロサンゼルスの59-113平方メートル分譲マンション:190万-392万元
 日本の約50平方メートル2LDK:40万元
 カナダ・ニューブランズウィック州の分譲マンション平均価格:15万5千元
 ギリシャ島嶼部の分譲マンション価格:ほとんどが1600万元以下

 「人民網日本語版」2010年7月19日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古