2010年7月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:25 Jul 21 2010

国家エネルギー局 「中国のエネルギー消費は世界最大」に反論

 上半期のエネルギー経済情勢に関する記者会見が20日に行われ、国家エネルギー局総合司の周喜安司長が記者からの質問に答えた。

 国際エネルギー機関(IEA)がこのほど報告の中で、中国のエネルギー消費量を「世界最大」とした問題について、周司長は「IEAの発表したデータは信頼できない。IEAは中国のここ数年のエネルギー発展状況をあまり理解していないと思われる」と述べた。「国際金融報」が伝えた。

 IEAが最近発表したデータによると、中国は09年、エネルギー消費量が石油換算で22億5200万トンに達し、米国の21億7000万トンを4%上回って世界最大のエネルギー消費国となった。

 これに対し周司長は、発表されたばかりの中国エネルギー発展報告および統計局によるデータは、どちらも米国のデータと一致しないと表明した。

 国家統計局が今年2月25日に発表したデータによると、中国のエネルギー消費総量は09年、標準石炭換算で31億トンとなり、前年比6.3%増だった。うち、石炭の消費量は30億2千万トン、原油の消費量は3億8千万トン、天然ガスの消費量は887億立方メートル、電力消費量は3兆6973億キロワット時だった。

 IEAの採用する単位が石油換算である一方、中国の統計は石炭換算であるため、双方の統計データを単純に比較することはできない。

 両者を中国の「総合エネルギー消費計算通則」の規定に基づいて計算したところ、IEAの発表したエネルギー消費量は94兆2912億4千万MJであり、中国統計局の統計結果は90兆8535億6千万MJであった。これによると、IEAの統計結果は中国統計局の統計結果を3.78%上回っていることになる。

 厦門大学中国エネルギー経済研究センターの林伯強主任は「どんな組織が発表するどんな報告であれ、国内の統計範囲に基づいていなければならない。IEAの統計結果は、他の統計範囲を採用したかもしれない。もし統計範囲が違うならば、比較することはできない」と述べる。

 ただし、林主任は「中国が世界最大のエネルギー消費国となるのは時間の問題だ。国家エネルギー局の反応はいささか過敏すぎる」としている。「中国は現在、二酸化炭素の排気量ではすでに世界一となっている。エネルギー消費量が世界一となるのも時間の問題だ。このことで、中国の省エネ・排出削減に影響が出ることはないだろう」。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年7月21日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古