2010年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:05 Jul 26 2010

世界投資報告、2009年中国海外直接投資額は950億ドル

 UNCTAD・国連貿易開発会議投資企業部の詹暁寧部長はこのほど、「2009年中国の外国直接投資額(流入ペース)が950億米ドルに達し、アメリカに次ぐ世界第2位の外資誘致国となった」と語りました。

 詹暁寧部長は「2010世界投資報告書」の発表式の席上で、「2010年中国の海外直接投資額は安定した増加を保っている。現在、中国の外資誘致環境が悪化しているという一部の世論がいっているが、そのような状況が存在していない。国内産業構造のグレードアップや世界経済の再均衡化の影響を受け、中国は外資誘致政策を多少修正したが、全体から言えば外資の中国への投資に有利である」と述べた上で、「労働集約型産業、エネルギー消費の高い産業、汚染の高い産業、資源の輸出産業にマイナスな影響を与えているが、ハイテク技術を持つ企業と付加価値の高い企業の発展にチャンスを提供したといえる」としています。

 「中国国際放送局 日本語部」 2010年7月26日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古