2010年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:02 Jul 26 2010

【特集】中国、日本企業の買収がブーム

 統計データによると、世界経済の回復や中国における経済発展パターンの転換、経済構造の調整、および企業の海外M&Aに対する政策的後押しなどの要素が相互に絡み合い、2010年上半期の中国企業によるM&A件数は計238件に達し、価格が公開されている195件のM&A総額は計119億3700万ドルとなった。前年同期比では件数が59.7%増、総額が25.1%増。中には、上半期の海外M&Aは2009年以来の上昇傾向が継続し、件数は2009年通年を上回る計30件、総額は前年同期比158.6%増の計66億7700万ドルとなった。中国企業の海外進出熱は依然として衰えが見えない。

 21世紀に突入してから、中国では経済成長と企業の日本への理解が進んではいるが、対日投資はまだ初期の段階にとどまっている。今年4月末現在、非金融類の対日投資はわず7億5千万ドルにとどまっている。その一方、最近は中国企業による日本企業買収の動きが注目を集めている。

 経済構造の調整や中央企業のリストラ、および有力企業の海外進出に対する支援などを背景として、かつて中国企業を合併買収し続けた日本企業が、今度は一転して中国企業の買収の対象となっている。日本企業の合併買収を通じて、中国企業は関連の先端技術を獲得できるだけでなく、日本企業が苦境を脱するのを助けることになり、実際のところ買収は一種の相互利益となる。

 【特集】中国、日本企業の買収がブーム>>

 「人民網日本語版」2010年7月26日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古