2010年7月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:09 Jul 26 2010

天津に世界最大の金融エリア建設へ

天津に世界最大の金融エリア建設へ 天津から東へ50キロ車を走らせると海べりに大きな工事現場がみえてくる。そこには、「中国于家堡、世界金融区」と書かれた目立つ広告が立てられ、1千人近くの技術者が昼夜を問わず働いている。10年後、ここはコンベンション、現代金融、伝統金融、教育トレーニング、オフィス・住居など120の事業が展開され、40万人のエリートが集う世界最大の金融エリアとなる。中国新聞網が伝えた。

 投資額2000億元のこの重点事業は天津濱海新区の核心地帯に位置する。天津濱海新区セントラルビジネスエリアの重点を担う于家堡金融エリアは敷地面積3.86平方キロメートル、総建設面積950万平方メートルで、4期にわけて建設され、120の事業が展開される予定。市の計画では、09年にスタートした于家堡金融エリアを3年で建設、5年である程度の規模をなし、10年で基本的に完成する予定。

 スターティングエリアの35事業のうち、すでに12の事業が着工、その建設面積は176万平方メートル、総投資額240億元。さらに2010年末までに23のビルの建設工事が着工する見通し。

 「天津の目標は、中国北部の経済センターとつながる金融サービスシステムと金融改革革新基地を建設すること」と天津市の崔津渡副市長はこれまでに何度も公表してきた。この位置づけは、北京や上海、深センと真正面から対抗するのではなく、将来的に金融改革の革新と金融業の発展を実現する過程において、天津の特色を生かし、北京や上海、深センと共に前進し、金融市場の重要な役割を担っていくということだ。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年7月26日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古