2010年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:49 Jul 27 2010

中国の出版社 日本市場に進出

 中国図書進出口(集団)総公司がこのほど明らかにしたところによると、約2年の準備期間を経て、中日合弁の出版社・中国出版東販株式会社が今月20日、日本・東京で設立された。中国系出版グループの日本出版市場への進出がついに現実のものとなった。中国新聞出版網が伝えた。

 新会社は中国出版集団公司、中国図書進出口(集団)総公司、日本の書籍取り次ぎ大手・トーハン、株式会社中国メディアが共同出資して設立したもの。中国出版と中国図書の2公司は現在、シドニー、パリ、バンクーバー、ロンドン、ニューヨーク、フランクフルト、ソウル、東京に合弁・独資の出版社を計8社設立しており、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語の5カ国語からなる出版態勢を整えている。

 新会社は出版業務と発行業務をともに取り扱い、日本での中国語書籍の翻訳・出版、中国をテーマとした日本語書籍の共同出版、日本での中国語書籍・新聞・雑誌・音響映像(AV)製品・電子出版物の販売を主要業務とする。合弁会社を設立した目的は、(1)トーハンと中国メディアの国内における強みを生かして、中国をテーマとした一連の書籍を企画・編集し、国内出版社との版権移転や共同出版を積極的に展開すること(2)トーハンの発行ルートの強みを生かして、出版した書籍が日本の主流文化ルートに着実に進出できるようにし、ひいては中国を紹介し、中国文化の影響力を拡大する役割を果たすこと(3)中国出版社の資源的な強みを生かして、トーハンとの協力を一層密にし、日本市場への進出を足がかりに輸出を促し、国内出版物の輸出量を急速に拡大し、中日両国の出版文化の輸出入貿易を発展させること、の3点だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年7月27日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古