2010年8月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:08 Aug 02 2010

GDPが日本を超える中国 一人当たりの所得は遥かに及ばぬ

 GDPで日本を超えることを誇りとする中国も、一人当たりの年間所得はわずか3800ドルで、アメリカや日本には遥かに及ばない。

 このほど、中国人民銀行(中央銀行)の副頭取で、中国国家外貨管理局の易剛局長は中国のメディアの取材に応じた際、「中国は事実上、世界2位の経済体の仲間入りをした」と明らかにし、世界のメディアの注目を浴びている。

 中国 経済発展の一里塚を達成

 易剛氏の発言に基づき、アメリカのメディアは7月30日、「中国 日本を超えて世界2位の経済体になったことを明らかにする」というテーマの記事を発表し、「日本は第二四半期のGDPをまだ発表しないが、中国が世界2位の経済体という一里塚としての意義のある目標を達成したことを疑う人はいない。2009年、中国のGDPは4.9万億ドルに達し、日本の5.1万億ドルよりわずか3%少なかいだけだった」というデータをも引用した。この記事はまた、「IMFの予測により、2010年度の中国経済の成長率は10.5%に達する一方、日本のそれはわずか2.4%である」としている。

 中国の経済はデータの面で日本を超えたにもかかわらず、具体的な経済現状では両国の間には大きなギャップがある。日本はアメリカと同じように、経済の発展が円熟した段階にあり、経済発展の潜在力もはっきりしない。そのため、経済の発展は主にイノベーションに頼らなければならない。一方、中国経済の発展は非常に大きな発展の余地がある」としている。

 この記事はまた、「中国のGDPは米国のそれを超えて世界第1位の経済体になる可能性もあるが、それは十年はかかるかもしれない」としている。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古