2010年8月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:27 Aug 02 2010

中国のホワイトカラーは「中産階級」?

 10年前か5年前にはあこがれの的だった中国のホワイトカラーも今では仕事と生活のストレスに苛まされている。中産階級の仲間入りというホワイトカラーの希望はまったく絶たれたとはいえないが、「中産階級」からどんどん遠ざかっているのは確かだ。中国青年報が伝えた。

 というのも、「1軒の住宅で『中産階級』が1人消える」という事実が現実となってきているからだ。本来、ホワイトカラーは長年懸命に働き、中産階級としての土台を築き上げてきたが、近年の住宅高騰が彼らの夢を打ち砕いた。家を買わなければ大都市で根が下ろせない一方、家を買えば「房奴(住宅ローンの奴隷)」となり、一生中産階級にはなれないという現実が突きつけられている。

 住宅以外にも、仕事のストレス、健康のストレスなどで中産階級並みの収入はあっても、それに見合った生活ができないでいるホワイトカラーは多い。上海で行われた調査によると、ホワイトカラーの70%が「亜健康(不健康予備軍)」に属し、うち38%が肩こりや腰痛、32%が胃腸や肝臓など消化器系、22%が不眠やうつなどの症状を訴え、中産階級の生活から遠ざかっていることがわかった。

 ホワイトカラーと中産階級は異なる概念だ。もちろんホワイトカラーにも中産階級はいるし、中産階級にもホワイトカラーはいるが、その社会的財産と社会資源からいうと、ホワイトカラーが中産階級あるいはホワイトカラー兼中産階級に入れば、人生の上り坂にあり、社会的階級が上昇したといえる。ところが今、ホワイトカラーが徐々に中産階級から遠ざかっている。このことは間違いなく中産階級形成の土台を弱めている。安定した健全な社会では中産階級が大多数を占めるものだ。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古