2010年11月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:01 Nov 03 2010

「中国経済は日本を抜いた」発言に外国メディアが熱い議論

 国内総生産(GDP)の数字は日本を抜いても、中国の1人当たりの平均年収は3800ドルに過ぎず、米国や日本とは依然として大きな差がある。新京報が伝えた。

 中国人民銀行副総裁で国家外為管理局局長の易綱氏はこのほど、中国メディアの取材を受けた際、「中国はすでに世界第2の経済体となった」と発言した。この一言が波紋を呼び、世界的な注目を集めている。

 ▽中国は歴史的目標を達成

 易綱氏の発言は、米メディアで7月30日に「中国いわく、日本を抜き世界第二の経済体に」と題して報道された。それによると、日本はまだ第2四半期のGDPを発表していないが、中国のこの「歴史的」目標達成を疑う声はあまりない。09年の中国のGDPは4兆9000億ドルで、日本の5兆1000億ドルをわずか3%下回った。国際通貨基金(IMF)の予測では、本年度、中国の経済成長率は10.5%に達する一方、日本はわずか2.4%と見込まれている。

 しかし、米メディアは専門家の言葉を引用して、「中国経済は数字の上では日本を抜いたかもしれないが、両国の具体的状況にはまだ大きな差がある」と報じ、「日本は米国と同じように経済成長の成熟段階にあり、経済成長の潜在力は限界にきているため、革新によって経済成長を推し進めるしかないが、中国経済にはまだ大きな発展の可能性がある」と付け加えた。

 また、「中国はいずれ米国を抜いて世界一の経済体になるだろうが、それにはあと10年はかかる」と報じた。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古