2010年8月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:10 Aug 05 2010

iPodから分析、世界のバリューチェーンにおける中国の地位 (2)

 このことは、グローバル化が進む中で、国際的分業における地位が、世界の産業バリューチェーンの地位の差につながってくることを示している。

 つまり、アップルと東芝が「肉を食べられる」のは、彼らが核心的な技術・デザイン・ブランドを持っているからだ。

 私たちが「スープしか飲めない」のは、バリューチェーンの中で、廉価かつ代替可能な労働力しか提供していないからだ。

 もちろん、「スープにありつける」ことだって一種の進歩と言える。改革開放前、中国が「世界の工場」になる前は、私たちは国際的な分業の外側におり、スープすら飲めないときもあった。現在も、コスト・規模・効率・インフラなどの面で中国に劣るために、スープにさえありつけない発展途上国は沢山ある。

 しかし、人口13億人をかかえ、世界第2の経済体となった中国は、「スープが飲める」ことが最終目標ではない。世界的な金融危機の中、中国の経済構造調整と、経済成長モデルの転換がここまで切迫しており、後戻りができない状態なのは、このためだ。

 中国は絶対に、自国に属するイノベーション能力と核心的な技術、そして世界一流のブランドを手に入れなければならない。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年8月5日

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古