2010年8月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:29 Aug 10 2010

漢方薬の輸出額14.6億ドルに

 国家衛生部副部長で国家中医薬管理局局長の王国強氏によると、中国の漢方薬会社は国際化への歩みを速め、漢方薬の輸出額は14億6000万ドルに達した。新華社のウェブサイト「新華網」が7日伝えた。

 王国強氏によると、人々の健康に対する概念や医学の変化にともない、漢方薬は現代病の予防に効果があると認め、受け入れる国や地域が増えてきた。いまや漢方薬の発展に注目し、医療や衛生サービスにおける漢方薬の大きな役割に期待し、漢方薬に関する交流や協力を求める国は多い。

 世界保健機関(WHO)は伝統医薬の発展促進に向けた戦略や政策、基準を次々と制定・発表し、漢方薬を含む伝統医薬を世界に広げている。このことからも、漢方薬事業には今後大きな発展の可能性が期待できる。

 漢方薬は今では海外でも利用されるようになり、すでに巨大市場としての頭角をあらしてきている。中国はWHOなど重要な国際組織や外国政府との交流や協力に力を入れ、世界70カ国・地域と90以上の漢方薬に関する協力が含まれる協議のほか、45の漢方薬に特化した協力協議を結んでいる。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年8月9日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古