2010年8月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:07:56 Aug 10 2010

バフェットの秘密を解く--投資の七大信条

バフェット氏の資料写真

 アメリカの著名な投資家、経営者であるウォーレン・バフェット氏が、次のように自らの「七つの投資信条」を語っている。

 一、潤沢なキャッシュフローを維持すること。

 見知らぬ人の好意に頼るようなことは決してしない。自らの仕事を計画的に行うことにより、如何なる現金需要もわれわれの潤沢なキャッシュフローの前で小さなこととなる。われわれのキャッシュフローはまた、われわれが投資している多くの多様化した会社から生み出された利益によって絶えず改善される。

 二、みなが諦めたときは買い時。

 ここ二年にわたる混乱のさなか我々は大量の資金を投入した。投資家にとってあのような時期はまたとない機会である。恐慌の波が襲ってくるという不穏な空気こそ、彼ら投資家の最良の「とも」だからだ。あのような好機はめったに巡ってくるものではない。天から金が降ってこようとしているのに小さなスプーンで受けることはない。大きな桶を持って仰げばいいのだ」

 三、みなが買おうとしているときには買わない。

 評論家が楽観的展望を語るときにだけ投資する人間は、最終的に法外な値段で無意味な安心感を買わされることになる。投資家にとって、忍耐強さは大切である。人々が先を争って買いに走っているとき不動を貫けばこそ、人々がたたき売りに出たときに買うことができるのだ。

 四、価値が何よりも大切。

 投資で最も重要なのは、(株式市場で小さな一部分を購入するという)投資をその企業にした理由はなぜなのか、その企業がこのさき十年か二十年でどれだけ利益を上げるかということである。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古