2010年8月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:18 Aug 12 2010

中国の円に対する「陽謀」?

 日本の財務省はこのほど、中国が今年6月にも日本国債への投資拡大を続けたことを明らかにした。その額は今年1月から4月の合計を上回り、5月に次ぐ規模となった。これにより、上半期の中国の日本国債への投資額は過去最高となる1兆7000万円を突破した。「国際金融報」が伝えた。

 これほど大規模で継続的な円投資に対し、その原因を中国の外貨多元化投資戦略とまとめる見方が強いが、ドルが危ないなら、円が中国の外貨準備高2兆4500億ドルの新しい行き先になるのか?

 その答えはもちろん「ノー」だ。その理由の一つは、日本は実際には数字上の「破産国家」だからだ。国際通貨基金(IMF)の最新データによると、日本の公的債務総額はGDPの229%、先進国で首位を占める。それに比べると、主権債務危機が起きたギリシャの公的債務総額はGDPの113%でしかない。それなのに国際的な格付け機関が日本円を「見逃している」のは、日本国債の国内保有率は9割にのぼり、国外での保有量は4.6%にすぎないからだ。

 2つ目の理由は、米国債などに比べ、日本国債の収益率は最も低い。例えば米国の10年物国債の利回りは3%以上であるのに対し、日本の10年物国債の利回りはわずか1.1%。しかも日本国債は流通性が極めて低い。

 このため、リスク面から見てもリターン面から見ても、円は中国外貨の戦略的転換の向かう先とはなりえない。1兆7千億円の国債は今の為替相場で計算すると200億ドルにしかならない。米国債への8000億ドルの投資に比べればわずかなものだ。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古