2010年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:09 Aug 17 2010

中国のGDP、日本を抜く 経済大国≠経済強国

 日本政府が16日に発表したデータから、消費と輸出が伸び悩み、今年第2四半期の日本経済回復の勢いが鈍ったことが見て取れる。4月から6月の実質国内総生産(GDP)は年率換算で+0.4%となり、日本共同通信の調査では年率+2.3%の予測だったが、これを大きく下回る結果となった。「国際金融報」が伝えた。

 上半期の平均為替レートで試算すると、日本と中国の第2四半期のGDPはそれぞれ1兆2883億ドルと1兆3369億ドル、上半期全体では2兆5871億ドルと2兆5325億ドル。中国は今年第2四半期にすでに日本を抜いて世界第2の経済大国となった。日本は1968年に西ドイツを抜いて世界第2の経済大国になって以来、初めて他の国に抜かれたことになる。

 日本内閣府の津村啓介政務官は「四半期のデータを比較すると誤解を招きやすい。2010年度全体のデータで比較するのが正確で公正だ」としたが、2010年には中国が日本を抜いて米国に次ぐ世界第2の経済大国となる可能性が高まっていることは否定しなかった。

 JPモルガン・チェースのカッツマン・チーフエコノミストは「中国が日本を抜けば、世界経済の一里塚になる」と語った。ピーターソン国際経済研究所の経済学者ニコラス・R・ラディ氏は「この事実は非常に重要なことだ。過去10年に起きたことが再び証明される。日本経済は中国経済に見劣りする」と言及する。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古