2010年8月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:03 Aug 17 2010

海南省 新たに5カ国からのビザなし訪問を許可へ

 海南省政府が16日に伝えたところによると、公安部はこのほど、海南省が現在ビザなし訪問を許可している21カ国に、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、ウクライナ、カザフスタンの5カ国を加えることに同意した。また、ロシア、韓国、ドイツの3カ国については、ツアー人数を最低2人以上(現在は5人以上)にまで拡大、滞在期間も21日までに延長する。同政策は2010年10月31日から実施される。

 「長期・フリーツアー」の推進を目標とする同政策は、海南省の観光市場発展をさらに促進すると見られている。「国際金融報」が伝えた。

 海南省のビザなし訪問政策は2000年10月31日からスタートした。多数の部・委員会による話し合いを経て、21カ国(韓国、日本、ロシア、マレーシア、米国、シンガポール、ドイツ、タイ、英国カナダ、フランス、オーストラリア、インドネシア、スウェーデン、イタリア、オランダ、スペイン、スイス、オーストリア、フィリピン、ニュージーランド)のビザなし訪問が許可された。これらの国の旅行者は、国家観光局の認可を経て海南省内で登記した国際旅行会社のツアーに参加し、ツアー人数が5人以上、海南省での滞在時間が15日以内の場合、ビザなしで海南省を訪問することが可能だ。

 この政策の実施以来、国外から訪れる海南省を観光客は明らかに増加し、市場の年平均成長率は40%に達した。

 公式データによると、2001年から2008年までに海南省を訪れた観光客110万人のうち、ビザなしで国外から入境した人は67万人で、全体の6割以上を占めた。ビザなし訪問した観光客のうち、韓国からが30%、ロシアからが27%、ドイツからが5%で、この3カ国が全体の62%を占めている。

 海南省政府は、「ビザなし訪問政策の拡大により、ロシア、韓国、ドイツの観光客、特に人数の少ない家庭やカップル、ゴルフ仲間などの観光が便利となるだろう」としている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年8月17日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古