2010年8月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Aug 18 2010

懸念や不安に包まれる日本経済

新宿にあるセール中の洋服店

 日本は16日、第2四半期の実質国内総生産(GDP)の成長率を発表した。GDP成長率は年率換算で0.4%となり、前四半期の4.4%と比べて伸びは大幅に鈍化し、予測値を大きく下回った。データ発表後、東京株式市場は下落し、下げ幅は0.61%に達した。外国メディアは、伸びの鈍化は消費と輸出の伸び低下によるものだとしている。日本経済はもっと内需に頼る必要があるとメディアは分析するが、専門家は、短期間での内需拡大は効果を得るのが難しいと指摘する。

 輸出に過度に依存

 日本のメディアによると、個人消費を刺激するための政府のエコカー補助金制度と家電エコポイント制度の実施はそれぞれ9月と12月までで、これらの優遇策が終了することにより、消費が伸び続けるのは難しくなる。個人消費は日本の国内総生産の6割を占めている。米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は16日、伸びが鈍化したのは消費や輸出の伸びが低下したためだとしている。デフレと円高に苦しむ日本経済にとって、最新データが各方面の懸念を高めているのは間違いない。英BBCは16日、専門家の意見を引用し、日本の個人消費はまだ伸びておらず、日本経済は依然として外需と輸出に頼っている状態だが、円レートが15年の高水準に達したことで日本製品の海外市場での競争力は低下しつつあるとの見方を示した。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古