2010年8月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:58 Aug 20 2010

昨年の電子商取引額は3兆8500億元

 「情報化白書」編集委員会と社会科学文献出版社が19日に発表した「情報化白書:中国の情報化情勢の分析と予測(2010)」によると、09年の中国の電子商取引額は3兆8500億元に達した。「国際金融報」が伝えた。

 インターネット経済は中国経済を構成する重要な一部として、内需拡大、成長維持、世界金融危機対策の過程で重要な役割を発揮した。オンライン決済額は年110.2%の伸び、これに続くオンラインショッピングの取引規模は93.7%の伸びを示した。

 白書は電子商取引について「経済危機の影響が最も小さく、成長性が最も良く、ベンチャー・キャピタルの最も期待する注目業種の1つ」と指摘。中小企業の電子商取引規模は1兆9900億元で、前年比20.3%の伸び幅を示した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年8月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古