2010年8月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:05 Aug 25 2010

中国、米国の高速鉄道事業に参入

 中国が再び米国の鉄道建設に参加する可能性がある。だが100年以上前の前回の参加時とは違って、今回提供するのは安価な労働力ではなく、技術と設備、そして技術者だ。「国際金融報」が伝えた。

 オバマ政権は今年初め、経済喚起プランの中から80億ドルを拠出して、米国高速鉄道の第一期活動資金に充てた。同政権の計画によると、米国は高速鉄道13本の建設に力を入れており、関連地域は30州を超える。この80億ドル以外にも、政府は今後5年間、連邦政府予算から毎年10億ドルを拠出し、計画の第一期資金とする予定だ。カリフォルニア州やフロリダ州、イリノア州の3州で、高額の高速鉄道補助経費を獲得する見込みだ。うちカリフォルニア州が建設を検討中の高速鉄道プロジェクトは最も規模が大きいもので、完成すれば総延長は約1千マイル(1609キロメートル)に達する見込みだ。

 ある専門家によると、経済を復興させるために、米国は第二期の経済喚起政策を必要としており、大規模なインフラ建設投資が米国経済が苦境を脱するための一大戦略となっているという。

 80億ドルの投資額は「雀の涙」で、米国政府が道路プロジェクトに毎年投入する金額のわずか8分の1に過ぎない。だが高速鉄道の建設をめぐり、米国で数千億ドル規模の「鉄道の祭典」が展開されつつあることは確かだ。日本、中国、フランス、ドイツといった高速鉄道の軌道・列車・設備製造業者は、パイに預かりたいとして壮絶な戦いを繰り広げている。

 中国政府はすでにカリフォルニア州政府、ゼネラル・エレクトリック(GE)と協力合意に調印し、米国初の高速鉄道の建設事業に参入している。中国は今後、米高速鉄道の最も中心的な設備サプライヤーになりたいとしており、米国企業に時速215マイル(346キロメートル)の「子弾頭」高速列車の生産許可を与える可能性もあるとしている。同州政府のデービッド・クレーン特別顧問によると、同州のアーノルド・シュワルツェネッガー知事は高速鉄道プロジェクトでの協力をめぐって中国と話し合いを重ねており、下半期には中国を訪れ、建設計画を検討する予定だという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年8月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古