2010年8月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:07 Aug 30 2010

第3回中日ハイレベル経済対話 まもなく北京で開催

北京で開催された、第1回中日経済ハイレベル経済対話

 商務部のサイトが24日発表したところによると、中日双方の話し合いを経て、第3回中日ハイレベル経済対話が今月28日に北京市で開催されることが決定した。中国からは王岐山副総理、日本からは岡田克也外務大臣が出席して、対話を主催する。国際在線が伝えた。

 発表された情報によると、今、世界は危機への対応から全面的な復興へと転換する重要な時期にあり、各国はいずれも世界経済の構造調整と経済発展方式の転換という課題に直面しており、各国が協力を強化し、ともに努力することが求められている。こうした背景の下で、中日双方が経済復興対策、二国間の互恵協力の強化、世界規模・地域規模での協力について対話を行うことには、重要な意義がある。今回の対話では両国の経済協力の持続的発展を推進するとともに、中日の戦略的互恵関係をより確固としたものにすることを目指すという。

 日本メディアの報道によると、日本側は対話の中で、希少金属(レアメタル)の輸出制限を緩和するよう中国に対して強く求める考えだ。レアメタルはハイブリッドカーのバッテリーに欠かせない重要な原料で、ハイテク製品の部品生産にも欠かせない。世界のレアメタル資源の分布には偏りがあり、中国の埋蔵量が最も多い。中国は統一的な価格決定メカニズムを採用し、採掘許可量の制限といった措置を通じてレアメタル資源への管理を強化している。日本政府は今回の対話を通じて、中国政府に輸出制限の緩和を要求する構えだ。

 中日ハイレベル経済対話は両国間のトップレベルの経済協力メカニズムであり、第1回は2007年12月に北京で、第2回は09年6月に東京で、それぞれ開催された。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年8月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古