2010年8月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:09 Aug 30 2010

長江 世界で最も繁忙な水上航路に

 中国の対外開放が深化し続けるのにともない、「中国の母なる河」と称されるアジア最大級の河川・長江は、その胸襟をたえず開いてきた。長江を通航する外国籍船舶の数が急増しており、改革開放初期の年間平均のべ約100隻から、現在では一日平均のべ約100隻に増加した。長江は一躍、世界で最も繁忙かつ最も輸送量の多い水上航路になった。「中国青年報」が伝えた。

 長江引航センターのまとめた統計によると、長江が対外開放されて以来、同センターがこれまでに行った船舶の曳航業務はのべ約36万隻に上る。2009年はのべ5万隻を突破し、うち外国籍船舶が3万7466隻で全体の70%を超えた。

 外国籍船舶が急速に増加して、大規模な移動を行うことにより、長江の貨物輸送量、中継貨物量、港湾の貨物取扱量がいずれも年平均2けたという急速な伸びを達成した。09年の幹線航路の貨物輸送量は13億3千万トンに達して、全国の内陸河川の貨物輸送量全体の60%以上を占めた。これは米国・ミシシッピ川の2倍、欧州・ライン川の3倍に当たり、長江は5年連続で世界の内陸河川の貨物輸送量ランキング1位となった。

 同センター党委員会の沈祥法書記は「これは長江が対外開放で勝ち取った巨大な成功というだけでなく、中国の対外開放の歴史の縮図でもあり、また証明でもあり、中国経済の飛躍につきることのない動力と活力を注入してくれた」と話す。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年8月30日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古