2010年8月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:44 Aug 31 2010

中日経済対話:強気の中国、焦燥感抱く日本

 第3回中日ハイレベル経済対話が28日、北京で開催された。中国側から王岐山・国務院副総理や楊潔チ・外国部長らが、日本側からは岡田克也外相はじめ官僚6人・副大臣3人が出席、総勢120人に上る過去最大の会談となった。双方は7つの合意文書を交わした。「環球時報」が30日、伝えた。

 今回の対話は、中国がGDP(国内総生産)で初めて日本を追い抜くことが確実となった微妙なタイミングで行われたため、日本国内や欧米から高い関心が集まった。英国営放送(BBC)は29日、「中日経済対話:中国の自信と日本の焦燥感」と題する報道番組を放映、「今回の対話によって、日中両国の経済的地位が逆転した事実が垣間見られた」と評した。

 今回の対話の焦点のひとつとなった「レアアース輸出」では、「レアアース輸出規制緩和」という日本側の要求に対し、中国側の同意が得られずに終わった。これについて、多くの日本メディアは、「日本へのダメージは極めて大きい」との見方を示している。「毎日新聞」は29日、「レアアース問題で何の進展も見られず、中国側の『資源枯渇の心配』から規制緩和は見送られた。今回の対話において、中日両国は5分野で協議を進め、7つの合意文書を取り交わしたが、最大の焦点だったレアアース問題については、中国側は日本側の希望をあっさり退けた」と報じた。

 殆どのメディアが、今回の対話では、両国の役目と地位に「相互変化」があったと強調している。「毎日新聞」は、これまでの「援助側」と「援助される側」という日本と中国の関係に、重大な変化が発生したと指摘。「日本経済新聞」は、世界の経済大国2位の座が入れ替わるという微妙なタイミングで行われた今回の対話では、自信をつけた中国を目の当たりにして、日本が焦燥感にかられていたと評した。また、「中国が日本側の自信のなさを見透かし、日本側の要求をことごとく退けるのではないか」と警戒していた日本側出席者は、レアアース輸出規制緩和と日系企業でのストライキ問題解決を声高に求めたが、中国側はこれをあっさりとかわしたと報じた。

 清華大学の周世倹高級研究員は29日、「多くの海外メディアが中国のGDPが日本を上回ることは確実だが、中国はそれによって『図に乗る』つもりはない。日本も、中国に追い抜かれたからといって臆する必要はない。中日双方にとって、経済関係強化の重点は『共勝ち』にある。中国は日本のハイテクや省エネ技術を導入し、日本は中国の大きな需要の恩恵を受け、経済発展をさらに推進していくだろう」とコメントしている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年8月30日

 >>【特集】第3回中日ハイレベル経済対話

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古