2010年8月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:44 Aug 31 2010

中日ハイレベル経済対話、レア・アース問題めぐり熱い議論

 外務省の佐藤悟報道官は28日夜、岡田克也外相が北京で出席した「中日ハイレベル経済対話」についてメディアブリーフィングを行い、関心を集める問題について国内外の記者の質問に答えた。

 中国のレア・アース輸出規制による影響は世界の産業の隅々に広がっている。中国は世界で主要なコンピュータ生産国だが、ドライブなどはまだ他の国や地域からの輸入に頼っている。レア・アースはコンピュータ・ドライブなどの製品の重要な原材料で、中国のレア・アースの輸出規制により、レア・アースの価格が上昇し、輸入ドライブの価格もそれに応じて吊り上げられ、中国のコンピュータ産業に間接的な影響を与えている。中国側は、日本企業に中国が実施するレア・アース回収・再利用事業に積極的に参加するよう求めているが、日本の参加は中国が国際市場にレア・アースを十分供給することが前提でなければならないという日本側の意見に対し、中国側はレア・アースに輸出規制をかける理由として、レア・アース業界の統合、国家安全保障、環境保護の3点をあげ、輸出規制は講じなければならないし、世界貿易機関のルールにも反していないとし、日本側とレア・アース問題について引き続き協議していく意向を示した。

 知的財産権問題に関して岡田外相は対話の中で、日本の神戸牛と同様有名な松坂牛の商標が中国で先行登録された例をあげ、慎重に調査してから商標登録を行うべきだと指摘した。中国側はこれに対し、中国には関連法律・法規が制定されており、現在修正中の法規については一般の意見も集められているとし、今後、知的財産権問題の発生を回避していく考えを示した。

 日本側は中国が最近発表した一連の新エネルギー自動車促進政策に肯定的な態度を示しつつも、政策が中国の自動車メーカーに偏重し、外国メーカーに不利な点がみられると指摘し、中国の関連法律・法規が内にも外にも平等であるよう求めた。このほか日本側は、中国で頻繁に起きているストライキにより、日系企業の経営に支障が出ているとし、中国のストライキや労使紛争方面の法律・法規をさらに明解にすべきだと意見した。これに対し中国側は、ここ2年、金融危機の影響により、中国人従業員の給与は低水準を維持してきたが、世界経済の回復に伴い、賃上げ要求が出るのもまったく理解できないことではないと応じた。日系企業の不満と労使紛争問題に対し、双方は引き続き協議していく。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年8月31日

 >>【特集】第3回中日ハイレベル経済対話

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古