2010年9月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:17 Sep 13 2010

GDPで日本を3回追い抜いた中国

 日本内閣府がこのほど発表した上半期・第2四半期経済データによると、中国はGDP総量で日本を追い越し、世界第2の経済大国となることが確実となった。ただし、中国がGDPで日本を追い越したのは初めてのことではなく、今回が3回目となる。「羊城晩報」が伝えた。

 古代から清代末にかけて東アジアで傑出した国家であった中国は、GDP世界トップを占有、日本との差は3千年以上あった。日清戦争時でさえ清国のGDPは、日本の数倍だった。これが、GDPで中国が日本をリードした第一回目だった。

 中国のGDPはその後、欧米列強の侵入、軍閥混戦、社会の困窮化に伴い、下がり続けた。五・四運動が起こった1919年頃、日本のGDPが初めて中国を上回り、過去1千年の立ち遅れが逆転した。

 第2次世界大戦で日本経済が受けた痛手は、中国よりはるかに大きかった。1949年の新中国設立当初、混乱状態にあった中国のGDPは、意外にも日本の2倍相当だった。この事実から、第2次大戦で被った日本経済のダメージの大きさを推し量ることができる。これが、GDPで中国が日本をリードした2回目だった。

 第2次世界大戦が終わり、日本は廃墟から全世界に向け、「ゼロからの再生」劇を演じることになる。

 1960年の時点で、日本のGDPは中国と同レベルだった。ゴールドマン・サックスの統計データによると、1960年代、日本のGDPの年平均成長率は10.4%、1966年にフランスを、1967年英国を、1968年にはドイツをそれぞれ追い抜き、米・ソ超大国に次ぐ世界第3位に躍進、先進国の仲間入りを果たした。日本経済の最盛期、中国の経済規模は日本の11.7%にとどまっていた。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古