2010年9月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:49 Sep 02 2010

3D市場、中日韓の混戦模様 (3)

 ▽国産の牽引で市場を開拓

 3Dテレビの技術は多様化してきたが、消費者にとって市場は本当に成熟したのだろうか。

 あるアナリストの分析によると、3Dテレビが一般家庭に普及するには、2つの難題がある。一つはコンテンツ、一つは基準だ。この問題が解決されなければ、3Dテレビの発展は難しい。

 コンテンツをめぐるボトルネックは、3Dテレビの普及を制約する最大の障害だ。「アバター」のような高画質3Dリソースは極めて少ない。また3Dテレビの技術基準がいまだにあいまいで、消費者が製品の質を判断するのに影響するだけでなく、利用者の3D体験そのものにも影響している。

 この2つの問題の解決に向けて、TCLは重要な進展を遂げている。3Dテレビ視聴の快適性、利便性、安全性を向上させるために、3つの技術群の8つのコア技術を開発した。このうちインテリジェントイメージエンハンサー、2D-3D変換機能などはいずれも世界のトップレベルにある。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年9月2日

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古