2010年9月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:01 Sep 03 2010

中国消費者協会、上半期の10大クレームを発表

 商務部などの部門は1日、「誠信興商宣伝月」の記者会見を共同で開き、中国消費者協会の責任者が、2010年上半期に全国消費者協会が受理した「10大クレーム」を発表した。農業用生産技術サービス、航空輸送サービスなどでクレームが目立った。

 同協会の統計によると、上半期の農業用生産技術サービスのクレーム件数は前年同期比118.5%増加し、増加幅はトップとなった。近年、中国の農村で農業用生産技術の普及と応用による受益は拡大し、農業生産は急速な発展を遂げている。しかし、中国の生産技術サービスは、多くの農村消費者の農業用生産技術サービスに対する需要を満たせていない状況だ。消費者からの主なクレーム内容は次の3つとなっている。1つは技術サービスの提供と指導が遅く、時間の無駄であること。2つ目は技術サービスの提供の後払い手数料が高く、農村消費者の負担が重いこと。3つ目はサービススタッフの技術レベルが低く、問題を効果的に解決できないこと。

 次に、航空輸送サービスのクレームが大幅に増加し、ダイヤの遅れに非難が集まった。上半期の航空輸送サービスのクレーム件数は前年同期比79.9%増、増加幅は2位となっている。航空輸送サービスのクレーム状況を見ると、2008年上半期は121件、2009年上半期は194件、2010年上半期は349件と大幅に増加している。今年に入り、ダイヤの遅れが多くの消費者を悩ませており、それだけでなく、航空会社のサービスも悪く、消費者の間で不満が高まった。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古