2010年9月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:03 Sep 03 2010

アジア中小上場企業上位200社番付 中国が最多

 米経済誌「フォーブス」が選ぶ2010年アジアの優良中小上場企業上位200社ランキングがこのほど発表された。今年最も多くランク入りしたのは中国(大陸部と香港)の企業で、計71社に上った。環球網が伝えた。

 同誌のサイトは1日、今回のランキングの主役は前回に続き大陸部と香港の企業で、計71社がランク入りしたと報じたが、71社の企業名は明らかにしていない。中国はトップを占めたものの、昨年の78社よりは数を減らしている。

 アジア・太平洋地域の企業は経済危機の中で急速に復興を遂げ、グローバル経済が低迷する中で「期待の星」となっている。報道によると、今回はインド企業39社がランク入りし、中国に次ぐ2位につけた。ベトナム企業も1社がランク入りし、ベトナム企業初の同ランキング入りとなった。日本企業は2社がランク入りしただけで、前回の24社から大幅に後退した。報道では、日本国内の経済の低迷が大幅低下の一因だとしている。

 今回ランク入りした200社のうち、151社は今回が初めてのランク入りで、報道ではこれら151社を「発展ペースの速いグループ」としている。今回ランク入りした200社は、11月23日に香港で行われる授賞式に出席する予定だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年9月3日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古