2010年9月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:44 Sep 08 2010

シーメンス、ウォルマートなどに商業賄賂の疑い

 ウォルマート、アルカテル・ルーセント、ペプシコーラ、シーメンスなど有名なグローバル企業がいずれも中国で過去に商業賄賂に手を染めていた事実が明らかになった。米証券取引委員会によると、総合電気メーカーのシーメンス社は03年から07年にかけ、中国の5つの病院に合わせて2340万ドルの賄賂を渡していた。同社はさらに中国の官僚に賄賂を送り、地下鉄工事(総額10億ドル)と華南地区の2つの高圧送電線工事(総額8億3800万ドル)を獲得していた。「羊城?報」が伝えた。

 中国においてグローバル企業による商業賄賂が後を絶たないのは、中国に国際的な商業賄賂を取り締まり処罰する明確な法令が欠如していることと関係があると業界関係者は指摘する。

 中国の刑法とその改正案にある商業賄賂には収賄罪、贈賄罪、賄賂紹介罪、非国家公務員の収賄罪、非国家公務員への贈賄罪、影響力を利用した収賄罪などが含まれるが、国際的な商業賄賂を取り締まる法律はいまだ存在しない。

 現在の状況からみて、国際的な商業賄賂を取り締まる法律だけを単独で制定する可能性は低いが、中央紀律検査委員会監察部は全国人民代表大会法制工作委員会と接触し、次の刑法の法規改正の際に国際的な商業賄賂を盛り込む方向で検討しているという。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年9月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古