2010年9月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:00 Sep 08 2010

知る人ぞ知る、中日「ランの花外交」 その二

▽自腹を切って中国の客人を招待した日本政治家と辞職のリスクを負って中国に輸出信用を供与した政府高官

 1963年4月29日、ランの専門家である中国共産党福建省委員会統一戦線工作部の張兆漢部長を団長とする中国「ランの花代表団」が日本を訪れた。周恩来総理の指示を受けて、廖承志氏の有能な助手である孫平化氏、王暁雲氏、王暁賢氏の3人も代表団メンバーとなった。3人はランについてはほとんど知らず、彼ら自身の言葉を借りれば「ランとニラとの区別もつかない」とのことだったが、代表団の中では最重要人物だった。東京の羽田空港で、代表団は松村謙三氏の秘書・山本重男氏の歓迎を受けた。山本氏はまず松村氏からのお詫びの言葉を伝えた。というのも、松村氏が中国を訪問するときはいつも国賓待遇を受け、中国政府の指導者が出迎えてくれるが、日本でも同じように遇することが出来ないからだった。これでは中国からの客人に申し訳ないということで、山本氏にありったけの思いを込めて代表団を接待するようにとの指示が下った。松村氏は決して豊かではなかったが、自腹を切って代表団の訪日費用をまかなうつもりだった。

 代表団は訪日期間中、日本のラン愛好家と交流したが、これは実は訪問の重要な目的ではなかった。代表団はまもなく日程を終えて帰国したが、3人の秘書は日本に残り、本当に重要な日程をこなし始めた。

 日本日中覚書貿易事務所の河和良一代表の水面下の手配により、孫氏たちは通商産業省(当時)官僚の渡辺弥栄司氏と会見し、日本から中国へのプラント設備輸出で日本側が輸出信用を供与するかどうかについて、日本政府の態度を探った。渡辺氏は再三躊躇し、難しいことだと述べた。なぜなら当時両国には国交がなく、輸出信用の供与は不可能だったからだ。

◆続きはこちらへ

 「人民網日本語版」2010年9月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古