2010年9月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:03 Sep 10 2010

アジアブランド500強 ベスト10に日本が6つ

 第5回アジアブランド500強番付が9日、香港で発表された。トップは韓国のサムスン、2位は日本のトヨタで、中国移動は今回初めて10位以内に入り、大陸部で唯一ベスト10入りしたブランドとなった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 金融危機発生から2年間の停滞期を経て、アジア企業は好調なところもあれは不調なところもあり、ブランド500強にもさまざまな浮沈があった。サムスンとトヨタは純利益が引き続き増加し、前回に続いて1・2位を独占した。中国移動は付加価値業務の構造が多様化したことから、純利益と営業収入で電気通信業界トップに立ち、海爾に代わってトップ10に名を連ねた唯一の大陸部ブランドとなった。

 ランキング上位10ブランドの内訳をみると、日本が最多の6ブランドで、トヨタ、清水建設、ソニー、東芝、パナソニック、資生堂が並んだ。このほか韓国のサムスンとLG、香港地区の香港上海匯豊銀行(HSBC)が並んだ。

 ある統計によると、上位100ブランドのうち、日本企業は57社で前回より1社増え、韓国企業は7社で前回と変わらず、大陸部企業は23社で前回より3社減った。あるアナリストは、日本企業は金融危機の後、経営戦略を積極的に調整し、円の下落や国内経済の低迷に直面しつつも、海外市場で、特に中国市場で業績を上げて、純利益の伸びを維持したため、今回のランキングで好調だった、と分析する。

 アジアブランド500強番付は、香港文匯報、中国企業報社、国務院国有資産監督管理委員会研究センターが共同で選出するもので、アジア企業のブランド意識を高め、ブランド同士の文化的交流を促進し、ひいてはアジア経済の共同の発展を推進することがねらいだ。対象は不動産、金融、エネルギーなど24業界の企業とブランドで、市場での評価、発展の潜在力、品質、利益水準の4つの指標に基づいて順位がつけられる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年9月10日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古