2010年9月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:06 Sep 13 2010

人民元、33年で価値6分の1 預金は「持ち腐れ」

 改革開放がスタートした1978年頃の100万元は、今では15万元の価値しかないという。12日に開催された「第一財経日報」による「財商フォーラム」で、匯添富基金管理公司の劉建位チーフ投資資産管理士兼ファンド戦略アナリストによると、約30年の実践が証明するように、インフレに打ち勝つ投資方法は2つ、純金投資と株式投資しかないという。「法制晩報」が伝えた。

 ▽33年で人民元の価値は6分の1以下に

 劉氏は「中国国民は世界中で最も預金を愛する人々だが、預金だけして投資をしなければ、預金するにつれて貧しくなる」と指摘し、ここ33年間の消費者物価指数(CPI)上昇率を踏まえて、マイナス金利による資産の目減りを推計した。

 劉氏によると、10年前に100万元をもっていれば、間違いなく相当立派な家を買えたが、この100万元を(投資などに回さず)そのままにしておけば、価値が17%低下した。20年前に100万元をもっていたら、確実にかなりいい別荘を買えたが、この100万元をそのままにし、投資に回さなければ、今は手元に65万元しか残らなかったという。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古