2010年11月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:31 Nov 02 2010

高速鉄道、2年後は1万3千km 生活スタイルも変化

 中国の高速鉄道総延長は、2012年に1万3千キロメートルを超え、20年には1万6千キロメートルに達する見込みだ。高速鉄道は中国人の生産方法や生活スタイルを変えつつある。中新網が伝えた。

 アジア製造業協会がこのほど明らかにしたところによると、高速鉄道は安全で、スピードがあり快適で、輸送量が巨大な、低炭素・環境保護タイプの輸送方式であり、世界の鉄道発展の重要な方向性となっている。現在、大陸部で運行する高速鉄道は6920キロメートルに達し、営業距離数は世界トップだ。また建設中の路線は1万キロメートルを超える。運行速度世界一、時速350キロメートルで走る北京-天津路線、武漢-広州路線、鄭州-西安路線、上海-南京路線が、いずれもすでに運行している。

 高速鉄道は世界で最も環境保護に配慮した高速の交通方式の一つであり、エネルギー消費量は自動車の6分の1、電気エネルギーを使用し、炭素排出量は限りなくゼロに近い。高速鉄道は経済を牽引する重点産業でもあり、高速鉄道のハイエンド技術に1元を投資するごとに、生産額が9元増加するという。高速鉄道を利用すれば、乗客の乗車時間は従来の3分の2以上が短縮される。中国高速鉄道の成功は、中国の製造業が全体として新たな段階に飛躍し、中国製造業の国際的地位を高めるための着実な基礎がうち立てられたことを意味する。また高速鉄道により、都市間の「30分経済圏」や「1時間経済圏」が加速的に誕生した。高速鉄道は中国人の生産方法や生活スタイルを変えつつあるといえる。

 一日当たり30億元以上が投資される高速鉄道という大きなパイが、国内・海外の設備製造業や川上・川下の産業にどのような影響を与えるだろうか。10月29日に開催される第4回アジア製造業フォーラムでは「中国の高速鉄道」が専門テーマとして取り上げられ、中国高速鉄道の設備製造業や関連産業に対する促進作用や牽引作用が重点的に話し合われる見込みだ。鉄道部は協賛機関として参加し、関連部門のトップや専門家が中国高速鉄道の自主革新の道や今後の発展戦略を重点的に分析する予定だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年9月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古