2010年9月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:34 Sep 16 2010

外資系企業も中国市場の新環境に適応すべき

 商務部の姚堅報道官は15日に行われた定例記者会見で、「中国政府は国内企業と外資系企業とを等しく取り扱っている。外資系企業も中国市場の新たな競争環境に適応すべきだ」と発言した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 姚報道官は次のように述べた。

 今年に入ってから、中国の外資導入額は全体として継続的に発展しており、18年連続で最も多く外資を導入した発展途上国となった。1-8月には前年同期比18.06%増加の659億5600万ドルの外資が導入された。

 注意すべきは、最近、一部の外資系企業や商業機関が中国国内で実施される一連の政策について、さまざまな見方や意見を打ち出していることだ。言及されるのは主に、独自開発製品の認定、中国政府の調達、知的財産権の保護、市場開放の一層の拡大、市場参入基準の一層の緩和をめぐる政策だ。

 外資系企業の不満には合理的な部分もあり、政策に対する理解の相違である部分もある。

 外資系企業に反映される問題はいずれも、中国企業と外資系企業が中国という大きな市場で互いに協力し、ともに発展することを大きな背景として生じた新たな問題だ。これらの問題は、中国政府や中国企業の新しい環境に適応するよう迫るだけでなく、外資系企業にも新たな競争環境に適応するよう求めている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年9月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古