2010年9月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:23 Sep 19 2010

中国昨年のインターネット広告市場、200億元超に

 中国2009年のインターネット広告市場は後半に入って勢いを盛り返し、通年では前年同期比21.9%増の207億3千万元(約2600億円)となったことが、18日に開かれた第3回中国インターネット広告大会で明らかになった。中国国営・新華社通信のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 2010年4-6月期のインターネット広告市場モニタリング報告書によると、同期間のインターネット広告の市場規模は同87.3%増の85億2千万元(約1100億円)に達した。

 中国大手マーケティング・リサーチ会社「iResearch」の阮京文総裁は「2010年のインターネット広告市場は成長をさらに加速し、300億元(約3800億円)を超える見通し」と語った。

 中国インターネット広告サービス大手、盤石情報技術有限公司の田寧会長によると、中国ではインターネット広告の市場シェアがわずか5%と少ない。「英国ではインターネット広告が広告市場の17%、米国でも15%に達している」という。

 田会長は、中国のインターネット広告市場は向こう3-5年で、伝統産業の成長率2-3%をはるかに上回る50%に迫る勢いで成長すると見込んでいる。

 中国では現在、3千万社を超える中小企業がしのぎを削っている。低リスク、高コストパフォーマンスのインターネット広告は、これら中小企業に最も人気の顧客開拓ツールとなっている。

 中国インターネット協会の孫永革・秘書長補佐は、中小企業のこの巨大なマーケティング資源を活性化することができれば、中国インターネット経済の成長にとって間違いなく画期的な意義がある、との見方を示した。(編集YT)

 「人民網日本語版」2010年9月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古