2010年9月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:14 Sep 26 2010

日本への渡航意欲に大きなダメージ

 国家観光局の報道官は23日、日本への渡航計画を取り止めている中国の国民や企業に対し、理解を示すと述べた。日本側は中国側が厳正な交渉を繰り返したにもかかわらず、漁船の船長を不当に拘置し続けた。このことが、中国人の日本への渡航意欲を著しく損ねている。

 国家観光局の祝善忠副局長は22日と23日に奈良で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)観光相会合に出席した。日本で中国漁船の船長が不法拘留される前、国家観光局は慣例に従い訪日期間中に日本の国土交通大臣と会談をする予定で、日本側もそれに積極的に応じていたが、事件発生後、国家観光局は態度を変えた。その後、日本の観光庁は祝善忠副局長との面会を求めてきたが、国家観光局の担当者がこれを断った。

 外交部の姜瑜報道官は21日の定例記者会見において、「中国の観光客は安全で、のびのびできる場所に旅行に出かける」と述べた。

 統計によると、今年1月から7月にかけ、日本へ旅行に出かけた中国人の数は前年同期比38%増の119万人。昨年、当時の日本政府観光局(JNTO)北京事務所の柏木隆久所長は新華社の取材に応じ、「日本を訪れる中国人観光客の数は今年240万人を突破する見通しだ。中国からの訪日観光客数は海外市場で最も伸びている」と語った。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年9月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古