2010年9月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:20 Sep 25 2010

あと20年で農民工4億人は市民に

 中国発展研究基金会がこのほど発表した「中国発展報告2010」によると、あと20年で中国は農民工(農村からの出稼ぎ労働者)4億人の市民化問題を解決しなければならない。これには1人当たり平均10万元の計算で、年間2兆元の投入が必要となる。この投入は中央政府と地方政府と市場が共同で分担することになる。「解放日報」が伝えた。

 報告によると、中国の都市化率は昨年46.6%に達し、この30年で世界で最も都市化が進んだ国のひとつに数えられる。数億人の労働人口が農村から都市へ移り、歴史的にも最大規模の大流動が起きた。なかでも1億4500人の農民工は都市部で仕事・生活をしているが、その労働報酬や子女の教育、社会保障、住宅など多くの面で都市部の住民と同じ待遇を受けられず、都市社会に溶け込めずにいる。

 いまや農民工の主体は80年代と90年代に都市部で働くようになった農民工の子女だ。農民工は数から質への転換を果たし、比較的高い教育を受けた新世代の農民工により中国の製造業は新たな競争力をつけている。

 都市化の潜在的なリスクについて、中国社会科学院人口・労働経済研究所の蔡所長は、「農村はいま高齢化を迎えている。農業の生産率向上速度が労働力の移動速度に追いつかない」と紹介し、「機械が人に代わって農作業をする、現代的な農業を確立する時機が来ている」と指摘する。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年9月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古