2010年9月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:13 Sep 25 2010

10月の大型連休 2億1千人が国内旅行

 中国旅遊研究院によると、国慶節から始まる今年の「十一」大型連休中、2億1千万人が国内旅行に出かけると予想され、観光市場は今年1月から8月までの右肩上がりが続く見通し。ここ数年、大型連休の中で「十一」に旅行に出かける人が増えている。「中国広播網」が伝えた。

 旅行会社の予約状況をみると、中秋節から国慶節にかけ、外国人旅行者は混雑を避けて中国旅行を控えているようだが、中国人の国外旅行・国内旅行はいずれも活況を呈している。中国国際旅行社の劉武雄副総裁によると、外国人の中国旅行はやや増加したものの、増加幅は前の8カ月を下回った。この連休中の増加率は10%前後になると予想される。一方、中国人の国外旅行は前年同期比25-30%増、国内の団体旅行は航空チケットや乗車券の制約を受け、増加率は同10-15%増程度にとどまると予想される。

 国家観光局によると、今年の中秋節・国慶節の大型連休中、中国西部への旅行が人気を取り戻す見込み。また、西南部は自然災害による影響を受けていたが8月以降情況が回復しており、10月の連休中には一気に観光客数が増えるものとみられる。旅行会社の団体旅行の状況をみると、上海万博ツアーがやはり人気のコースで、西部ツアー、特に西北部の新疆や雲南、西蔵(チベット)はいずれも大幅な伸びが期待される。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年9月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古