2010年9月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:10 Sep 26 2010

アップル社の時価総額、一時ペトロチャイナを抜いて世界第2に

 投資家がiPhoneやiPadの売れ行きに期待していることから、アップル社の時価総額が昨日、中国石油天然ガス有限公司 (ペトロチャイナ)を一時抜いて世界第2となった。中国網が伝えた。

 アップル株は昨日のナスダック市場で一時292.76ドルをつけ、時価総額が2675億ドルに、アップル社は一時モービルグループに次ぐ世界第2の企業となった。しかし米国現地時間25日午後4時にアップル株は288.92ドルにまで下落し、時価総額は2639億ドルと、ペトロチャイナの2655億ドルをわずかに下回った。

 米メディアは今朝の報道で、07年のiPhone発売以降、アップル株は3倍になった。アップル社の総収入の30%は切り札の「iPhone」によるものだと伝えた。それでけでなく、今年年初に発売されたiPadは、9年発売が続いているiPodを凌ぐ勢いで売れている。

 ニューヨーク株式市場のアナリスト、スノレック氏は「アップル社はハイテク市場でのシェアが高いことから、今後も益々伸びていくと誰もが信じている」と指摘。別のアナリストは、アップル株は390ドルをつけると予想。また、ブルームバーグプレスの調査は、アップル株はこの12カ月で342.81ドルにまで上昇すると予測する。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年9月26日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古