2010年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:39 Oct 26 2010

中国、18年連続で外資導入が最多の発展途上国に

 商務部投資促進事務局の顧傑・副局長は27日、今年1月-8月にかけて、中国の外資利用額は実質ベースで前年同期比18.06%増加し、中国は18年連続で外資導入が最多の発展途上国となった事を明らかにした。「新華網」が伝えた。

 顧副局長は以下のように述べた。

 改革開放から30年あまり、中国経済は急速かつ安定的な発展を維持し、全方位的で、幅広い分野・各方面をカバーする対外開放の枠組みを形成し、外資の導入は大きな成果を取得した。今年1月--8月にかけて、新規設立された外商投資企業は前年同期比18.33%増の1万6721社となった。外資利用額は実質ベースで659億5600万ドル、同18.06%増となった。

 世界経済は今年上半期、回復を実現し、今年第1四半期には主要経済体のほとんどがプラス成長を実現した。うち、中国、インド、ブラジル、ロシアを代表とする新興経済区域の成長は大きく、世界経済復興に向けた主要動力の1つとなった。今の状況から見ると、中国の外資導入は金融危機の影響から徐々に抜け出しており、今年の外資導入は2009年のレベルを上回る見込みだ。

 工業化、都市化発展の加速に伴い、中国国内市場の潜在能力が発揮されつつある。このことは、各種資金の対中投資に向け、新たなチャンスと発展の余地を提供するだろう。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年9月28日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古