2010年9月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:11 Sep 29 2010

北京の社会的コスト年120億元? 渋滞による経済損失を計算

 平日でさえ交通渋滞が深刻な北京で、中秋節明け最初の出勤日に大渋滞が起きた。北京交通管理部門によると、連休調整により25日(土)と26日(日)の2日が出勤日に変更になったため、どの車もナンバープレート別の交通規制を受けなかったのがその原因だ。このため北京では1日中どの道路も交通量が増え、特に環状路などの主幹道路では交通量が平日を大きく上回った。中国経済網が伝えた。

 渋滞は車の混雑だけでなく、個人や社会に大きな経済損失をもたらす。

 米国では車の所有率が高いため、「車社会」といわれるが、渋滞による経済損失も同じように膨大だ。米テキサス州の運輸研究所がかつて発表した研究報告によると、米国は毎年、交通渋滞により631億ドルの経済損失を出しているという。間接的な経済損失はさらに1000億ドルにのぼる。また、交通渋滞による浪費も年間37億時間にのぼり、個人でみると、1982年に年平均16時間だった浪費時間が今では47時間にまで増加している。これをガソリンで計算すると23億ガロンになり、各種交通機関は交通渋滞で毎年100億リットルもの燃料をムダに燃やしている。

 中国をみてみると、数年前に北京の交通渋滞に対する研究が行われ、さらに驚くべき数字が浮かび上がった。北京市の1人当たりの労働生産率は1年10万元、1時間で20元になる。もし1日に200万人が車で通勤すると、1人の社会的コストを20元で計算した場合、渋滞による社会的コストは1日4000万元、それに1年300日(祝祭日の交通量低下を適当に省く)を掛けると、1年の社会的コストは実に120億元にもなる。04年の北京市の経済総量3300億元にあてはめると、交通渋滞による損失は経済総量の3.6%にも相当する。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年9月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古