2010年10月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:01 Oct 01 2010

謝国忠:中国の日本国債購入は円高と関係ない

 最近、中国は日本国債を買い越している。日本政府は中国政府に対し、対ドルの円高が急速に進んだのは、それがひとつの原因であると話している。しかし、中国が日本国債に投資した額は微々たるものだ。それにも関わらず、日本政府は真に大金を手にして、日本円に投資するチャンスを今か今かと狙っている資産家たちに対しては、見て見ぬ振りをして、何の策も講じていないのだ。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は、追加の金融緩和を実施する予定だと述べた。ギリシアの抱える債務はまさに時限爆弾のように、投資者たちをユーロから遠ざけている。日本人もまた、触らぬ神に祟りなしとでも言うように手を出さない。その為市場は、ビンタをしてももう一方の頬を差し出すような、従順で無抵抗な日本政府と日本中央銀行に目をつけたのである。

 アラン・グリーンスパン時代のFRBは、金融市場に巨大な流動性を与えたことで有名だ。これにより、アメリカでは他の事は何もせず、一日中パソコンの前に張り付いて株を売買する人々が大量に現れた。今の世界経済の行く先は暗いままである。利率はゼロに近い為、投資者はリスクを負った取引はおろか、信用取引を利用した裁定取引にさえも手を出さないでいる。なんとしてでも資金の投資先を探したかった人々は皆、日本円の高騰を望んでいた。そして、大量の資金を日本円に賭けてみた結果、円高は本当に実現したのだ。

 1995年に1ドル80円台までドルが落ち込んだ事があった。多くの専門家が60円台なることもあり得ると予想していた。しかし、日本円は下降相場に突入し円高から一転、急激な円安に陥ったのである。1998年には1ドル140円台にまでなった急な円安は、下がるところまで下がってから、ようやく戻り始めたのである。現在の円高はこの時の再演ではないだろうか。増える投資は日本の円高を助長し、1995年を上回る勢いになるとも予想されている。日本経済は過剰な円高を望んでいる訳ではない。FRBが追加の金融緩和を実施しなければ、日本円は1ドル100円台辺りに止まっていたかも知れず、実施しても90円台が合理的な値である。市場では円高が60か50円台までいくだろうなどと言っているが、これはただ投資者を誑かしているだけである。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古