2010年10月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:54 Oct 18 2010

中国経済の伸び率、今年10.5%来年9.6% IMF見通し

 国際通貨基金(IMF)は6日に発表した世界経済見通しで、中国経済の伸び率(GDP)は内需の後押しにより、今年は10.5%、来年は9.6%に達する、との予測を示した。中国国営の新華社通信が伝えた。

 見通しによると、融資引き締めの一層強化や不動産市場の抑制および不動産向け融資に対する銀行のエクスポージャーの規制、来年実施されるとみられる中国の出口戦略などにより、2011年の中国経済は成長を維持するものの、伸びはやや鈍化するという。

 中国経済の成長は、短期的には国内の個人需要による割合が3分の2、政府活動の貢献率が3分の1となる一方、純輸出の貢献率は0に近づくとみられる。

 また中長期的には、外需による成長から内需による成長へと、成長の原動力に対するバランスの再調整をはかれるかどうかにかかっているという。IMFは、中長期的な成長目標の達成には、医療、教育、定年退職制度の改革と社会保障体制の強化が必要と指摘している。

 世界経済見通しは、世界の経済情勢を分析・予測するIMFの重要な報告書。1年に2回、春と秋に発表される。(編集YT)

 「人民網日本語版」2010年10月8日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古