2010年10月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:56 Oct 09 2010

中国 8月に日本国債を大量に売り越し

 日本財務省が8日に発表した報告によると、中国はこれまで7カ月間にわたって日本国債を買い越してきたが、8月は日本国債を大量に売り越した。データによると、中国は8月、日本国債を2兆182億円売り越し、1カ月間の売り越し額としては2005年以来の最高を樹立した。今年1月?7月にかけて、中国は大量に日本国債を買い越しており、特に5月、中国の日本国債買い越し額は7352億円と、近年の最高記録を樹立していた。「中国経済網」が伝えた。

 今年5月の欧州債務危機により、国際金融市場ではソブリン債危機が引き起こされ、1兆ドルに上るソブリン債が手放されたが、その中で日本円は投資家により投資避難先として選ばれたと見られる。今週の木曜日に、日本円の対米ドルレートは15年ぶりの最高を記録した。日本の10年期国債の利回りは需要による推進を受け、7年ぶりの最低を記録している。

 日本財務省のデータによると、中国は8月、日本の短期国債を大量に売り越したが、長期国債103億円を買い越している。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年10月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古