2010年10月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:36 Oct 12 2010

温総理「タイム」の顔に 記事は対人民元圧力に反対

 中国の指導者がふたたび米誌「タイム」の顔になる。10月18日発売の同誌アジア版は、表紙に中国国務院の温家宝総理が登場し、関連記事では最近の米国議会による人民元への圧力行為に言及している。「法制晩報」が伝えた。

 記事を執筆したのは、温総理に過去2回インタビューしたことのあるCNNの有名司会者ファリード・ザカリア氏。同氏は記事の中で、米国に自省を促し、米国経済不振の責任を中国に転嫁してはならない、人民元相場の問題を客観的にみなければならないと呼びかけている。

 温総理が同誌カバーに登場するのは今回が初めて。

 ▽歴史が証明:通貨の値上がりだけで問題は解決できない

 同誌の記事によると、今年9月29日、米国の民主党・共和党は下院で、圧倒的票数により、人民元切り上げを促す法案を可決した。この法案は人民元相場の低すぎる評価が実質的に中国の輸出に対する補助金になっているとみなし、権限を授与された米国の行政部門が中国の対米輸出製品に相殺関税を課すことを可能にするものだ。

 多くの人が、この法案は安すぎる人民元相場を叩く絶好の機会だとみなしているが、実際はそうでない。この法案にはまったく意味がなく、米国が解決したい問題を解決するものではない。より懸念されるのは、この法案が米国国内の反中感情の現れだということだ。

 歴史が証明するように、通貨の値上がりによって米国自身が抱える問題は解決できない。1985年に米国と日本との間で「プラザ合意」が調印されると、米国は日本に円の切り上げを迫った。だが円が50%上昇したとしても、米国製品はより強い競争力を備えることができなかった。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古