2010年10月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:54 Oct 27 2010

第12次五カ年計画 中国経済が直面する10大試練

 あと数カ月で、中国社会は「第12次五カ年計画」の期間に突入する。今後5年間で、中国の発展は歴史的なターニングポイントを迎えることとなるだろう。また、中国経済は国内外の2方面から来る10の試練に直面することになる。「上海証券報」が伝えた。

 (1)人口の試練。これは最も基本的な問題だ。具体的には以下の3つの面からの観察が必要だ。1つ目は、人口総量とピーク値の経済への影響。2つ目は人口構造、特に高齢化問題。3つ目は人口の地域的分布と人口の流れの問題。特に人口の分布と流れの問題の影響は突出している。適切な処理ができているかどうかは、経済の質に影響するだけでなく、構造調整の勝敗を決定し、さらに将来の発展にとっても大きな影響力を持つ。

 (2)対外貿易の試練。これは中国経済の方向性に影響する重要な外部要素だ。過去30年間、海外貿易は中国の発展に幅広い影響をもたらしてきた。現在、外部環境は変化し、構造にも根本的な変化が発生しているが、それでも対外貿易の作用は軽視できない。ここ300年間の工業国家発展の歴史から見ると、国際貿易無しに強大化した国は無い。中国も例外ではない。現在必要なのは、革新的思考をいかに取り入れて新しい対外貿易の構造を打ち立てるかだ。

 (3)消費の試練。住民による消費は現在、国内外が一致して着目する成長のエンジンだ。外需不振の今日、国内消費の拡大に着眼するのは良い選択だ。しかし中国の今の状況を見ると、市場が未成熟で、貧富の差が大きい。将来の消費市場は誰がリードしていくのか?海外企業と舶来品なのか、国内企業と国内製品なのか?これは、国内外の両方面から観察しなければならない。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古