2010年10月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:07:42 Oct 20 2010

第12次五カ年計画 中国経済が直面する10大試練 (3)

 (7)資源の試練。「第12次五カ年計画」期間中、中国経済発展が直面する資源のプレッシャーはさらに拡大するだろう。1つには、発展の基数が比較的高いため、発展スピードを保ち続けるためには資源へのニーズも高まる。2つ目に、発展基準が高まっており、特に13億人の生活の質が絶えず高まっている。これにより更なる資源が必要となる。3つ目に、資源の価格的要素の影響を受け、資源消費のコストもますます高くなっている。

 (8)環境の試練。環境問題は中国発展の大きな「ボトルネック」だ。今後5年間、中国は依然として工業化と都市化の急速な発展期にあり、環境のプレッシャーは多方面にわたる。1つ目は、生産におけるプレッシャー。「世界の工場」である中国は、今後も製造業の特徴を持ち続けるだろう。このため、生産における環境圧力はなかなか緩和できない。2つ目に、消費水準の高まりに伴い、生活における環境圧力も高まり続けている。

 (9)市場の試練。主に国内外の各主要市場から来る試練だ。今後5年間、金融市場、資本市場、大口商品市場などは国際的な金融システムの大変革、市場構造の大改造から来る多くの試練に直面するだろう。中でも、米ドルの動揺から引き起こされた価格システムの乱れは、「第12次五カ年計画」期間に避けられない大問題となるだろう。このため、市場の安定的な運行に向けた新モデルを探し出し、実体経済の大衝撃を防げるかどうかは、大きな試練となる。

 (10)国際投資の試練。中国の対外投資が今後5年間で少しでも成長し、「第12次五カ年計画」期間の中国経済の安定成長に貢献できるかが一つの見所だ。これは3つの面が含まれる。1つ目は、国内の過剰生産能力をいかに外に移転するか。2つ目は、外部資源と市場の有効利用にいかに参加するか。3つ目は、大市場において、いかに発言権のある参加者という役割を勝ち取るか。これらの試練が今後5年間で出現してくるだろう。

 以上のように、「第12次五カ年計画」期間中に中国経済が直面する試練は簡単なものではない。しかし、我々が改革開放を深め、経済発展方式の転換を加速すれば、これらの問題を効果的に緩和し、中国経済の長期的で安定した、比較的速い発展と社会の協調・安定を促進できるだろう。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年10月19日

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古