2010年10月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:53 Oct 20 2010

人民銀、3年ぶり金利引き上げ 0.25%

 中国人民銀行(中央銀行)は19日、2010年10月20日から金融機関の人民元建ての預金および貸し出しの基準金利を引き上げると発表した。新華社が伝えた。

 これにより一年満期定期預金の預金の基準金利が0.25%引き上げられて、現行の2.25%から2.50%となる。また期間一年の貸し出しの基準金利は0.25%引き上げられて、現行の5.31%から5.56%となる。普通預金の金利は据え置きとし、その他の預金・貸し出しの基準金利はそれぞれ調整する。

 人民銀が金利引き上げを行ったのは、07年12月以来約3年ぶり。07年は過剰な流動性とインフレ圧力に対処するため、人民元は預金・貸し出しの基準金利を6回にわたって引き上げた。08年9月以降は、国際金融危機に対処するため、金利引き下げに踏みきり、貸し出しの基準金利引き下げは5回、預金の基準金利引き下げは4回に及んだ。

 今回の動きを受けて、中国はインド、ブラジルに続いて、金利引き上げツールを選択した新興市場国家となった。金融危機の後、インフレ圧力に対処するため、オーストラリア、ノルウェー、インド、ブラジルなどの経済体は相次いで金利引き上げを行った。一方、米国、欧州連合(EU)、日本などの先進経済体の中央銀行は、引き続き低金利政策を維持した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年10月20日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古