2010年10月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:12 Oct 25 2010

日本経済の停滞は中国への警鐘

 日本政府は10月20日に発表した10月の月例経済報告の中で、日本経済は「停滞している」と判断した。日本が景気判断を下方修正したのは昨年2月以来となる。また報告によると、中国経済の伸び減速などの影響を受け、日本の景気成長の原動力である輸出と製錬業の生産量は引き続き低迷している。これも日本政府が9月の「着実に回復している」から「停滞している」に下方修正した主な理由だ。

 日本経済の停滞の主な原因は円高とデフレで、その中でも円高が最も大きな原因だと一般的に見られている。今年初め、米ドル/日本円相場は90円前後だったが、今では81円まで上がっている。景気を好転させるため、日本政府は為替市場への介入など一連の措置を採り、円高の勢いを止め輸出を増やそうと努めている。また、総額5兆円超の緊急経済対策を実行するための2010年度補正予算案が臨時国会で可決された。

 しかし、日本のあるベテランエコノミストは、日本政府の為替介入の役目は大きくなく、一時的に効果があるだけだと話す。日本経済はすでに大幅に低迷し、景気回復の動きも弱まっている。

 日本経済の停滞が中国に影響するかどうかが、中国国内でも広く議論されている。「1985年の『プラザ合意』により日本円は短期間で大幅に上昇し、日本の輸出、さらには経済全体の競争力に深刻な影響を及ぼし、日本は10年以上に及ぶ不景気に陥った」という見方が最も強い。日本経済の停滞と2008年の世界金融危機の実例は中国に対する警鐘で、中国国民に中国経済の台頭に得意になってはならず、日本から経験と教訓を汲み取り、景気停滞の道を歩まないよう注意を促している。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年10月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古